2010年03月24日

Microsoft Virtualization Summit SP-9 キャリアが実現するプライベート・クラウド

開催から時間がたってしまいましたが、聴講したセミナーについて概要をまとめておきます。
間違いなどあれば、コメントいただけると助かります。

スピーカー:エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

BizCityのサービスメニュー紹介
 SLO 99.99%を達成、ITIL遵守、ISO27000、18号報告書の認定を受けているサービス
  18号報告書は、アウトソース業務に対する内部統制の有効性を示す日本公認会計士協会の報告書のこと。
  http://www.ntt.com/business/techsupport/dictionary/word/0621.html
AP連携、データ連携によってプライベートとパブリックをつなぐハイブリッドクラウドを用意する
 プライベートとハイブリッド間で移行や、業務量のやりくり
 パブリックとハイブリッド間で移行や、業務量のやりくり
Hyper-V多重ノードクラスタとiSCSIにより、Hyper-VでSLO99.99%を満たせる検証結果がある。
 パフォーマンスもSQL Serverであれば10%前後の差に留められる。
グローバルに統一されたIT基盤として利用している大手小売業の事例紹介
今後の機能拡張予定
 MicrosoftのDDCツールキットを活用したプライベートセルフポータルの構築
 パブリックを使うことのできない要件のために、アプリケーションホスティングを用意
 ネットワークを介したハイブリッドとパブリック(Windows Azure)の接続検証
ラベル:Hyper-V クラウド
posted by さっしー at 16:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコミュニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。